So-net無料ブログ作成
Youkiのこだわり ブログトップ

ノートルダム大聖堂 [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.16(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.367
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

【ノートルダム大聖堂で大火災 尖塔と屋根が崩落】
今朝飛びこんだ、耳と目を疑うようなニューステロップ
01.jpg

「えっ!?ノートルダム大聖堂って、あのパリのノートルダム大聖堂??」と、フランス・パリから遠く遠く離れた名古屋に住むYuukiでもニュースを聞いた瞬間に頭が真っ白になり、激しい喪失感と絶望感に襲われました。

だから、フランスで生まれ育った人にとってみたら、この崩落がどれだけ心をえぐられるショッキングな出来事であるか・・・もう、頭では考えられる範囲のレベルでは無さそう・・・

その例えようのない喪失感を、フランス大統領のマクロン氏は、
「私たちの一部が焼かれているのを見て、悲しい」と表現しています。

「私たちの一部」

深い言葉です。そして、確かにそうですよね。

だって、パリのノートルダム大聖堂といえば、エッフェル塔よりも凱旋門よりも歴史のある、フランス・パリが培ってきた文化や歴史の“生き証人”であり、パリジャンの“誇りの象徴”みたいなものだと思うんです。

日本でいえば、「奈良・法隆寺の五重塔が崩落」とか、「清水寺の舞台が崩落」っていうレベルですよね、きっと。
そう考えると...

日本も長い歴史があり、1000年以上前の建物がある国だからこそ、私の心はこのニュースに絶望した(悪い言い方をあえてすれば、絶望出来た)のかもしれません。

他の国出身の人たちは、このニュースを聞いてどう感じたのかなぁ??
そのコメントの違いには、お国柄や歴史的背景の違いが出てきそうな気もするので、機会があれば、さまざまな国出身の知人友人に是非聞いてみたいと思ったニュースでした。

皆さんは、ノートルダム大聖堂の大火災、どう感じられますか??


nice!(0)  コメント(0) 

ロートレックのスカーフ [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.8.21(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.355
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

ご無沙汰しております。Yuukiです。
「私もブログ、書かなきゃ!書かなきゃ!」と思っているうちにもう夏も終わり…。
Mi-cchanやKikkoさんはどんなに忙しくても書いていたことを思うと、猛省です…。

これだけ久しぶりなので、もう随分と前のブログのことになってしまいましたが、確か7月初旬のブログでMi-cchanが、私たちKawaseファミリーへ品物を贈るの際のハードルはとても高~~いなか、今年の私(Yuuki)へのお誕生日プレゼントは最高の品が選べた!と喜びを綴っていました。

と、いうことで!
これがその「最高のお誕生日プレゼント」、
ロートレック柄の、シルクスカーフ」です!!(すでに使用感のある皺が…恥)
01.jpg

19世紀末パリで一世を風靡した画家であるロートレックの作品がスカーフ全面に描かれています。

ロートレックの作品って、どれも“都会的な色彩感覚”と“抜け感”が抜群で、すごくお洒落なんですよね~。

だから私は、
ロートレックがかなり好き!
↑はい、これが、「最高ポイント」その①

そして、オフ・ホワイトの下地 + 所々オレンジ、っていう色使いも最高です。
オフ・ホワイトは品があって通年使いやすい色な上に、

私、差し色として、小物でオレンジ色を使うのが、とても好き なのです!
↑はい、これが、「最高ポイント」その②

サイズもかなりの大判で万能だし、シルクの高級感と肌触りも最高!
↑はい、これが、「最高ポイント」その③と④

そしてそして何よりも、私は巻物に目が無く、

スカーフが、とにかく大好き!!
↑はい、これが、最大の「最高ポイント」その⑤

…と、まぁとにかく、私のツボを押さえまくりなんです、このお誕生日プレゼント!
Mi-cchanの自信っぷりも大納得の一品です。

こんな素敵なスカーフ、いったいどこで見つけたんだろう?
すごいなぁ、Mi-cchan! 本当にありがとう!!

↑おっと、この、 【どこで見付けたのかは分からないスペシャル感】 も、
「最高ポイント」その⑥ですね♪



****************************
このスカーフの絵柄にもなっているロートレックの絵は、現在、名古屋市美術館で開催中の【至上の印象派展 ビュールレ・コレクション】でもご覧頂けます。

そしてこの展覧会をより楽しんで頂くための
[アート鑑賞レクチャー] も、開催しちゃいます!

02.jpg

■ 丸の内 (中区丸の内3-15-32) ■
9月 1日(土) 9日(日) 22日(土) 14時~

■ 名駅 (西区名駅2-23-14 VIA141 1208号) ■
9月 7日(金) 19時~
9月 8日(土) 16日(日) 14時~


■ ご連絡先 ■
090-6338-1333(Yuuki) / project.k.meisei@gmail.com

※ 2日前の17時までにご予約をお願いします。
※名古屋市美術館での展覧会は、 9月24日(月・祝)までです。

「アート鑑賞ナビゲーター Yuuki」が復活する会ですので、皆様またどうぞご贔屓に宜しくお願い致します。

nice!(0)  コメント(0) 

赤い小物で気分を上げて♪ [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.1.30(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.335
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

こんにちは。まだまだ雪がちらつく極寒の日が続きますね~。
でも、「寒さは厳しくて雪も積もっているのに、空気はカラッと快晴!」な最近の天気は、かつて住んでいたボストンの冬景色に似ていて、どこか懐かしく、ちょっと好きです ^^

さて先週のブログでは、Mi-cchanが彼女独自のゲン担ぎ的グッズとして、「LACONICの手帳」を紹介していましたね。
そこで私にも何かそんなような「ゲン担ぎ的グッズ」ってあるかな~?・・・と考えてみたら、ありました!

私にとっての「ゲン担ぎ的グッズ」は、「赤いファッション小物」です。

というのも、マフラー・帽子・靴・靴下・バッグなどの「赤いファッション小物」を身に付けた日は、いつもより気分が上がることに気が付きまして。

その証拠に、今日も気が付けば、

・マフラー
・ニット帽
・ヘアピン

に、赤色が入っていました!

IMG_5542.JPG
IMG_5541.JPG

↑特にこのニット帽は、
今年の新春初売りで買ったお気に入りで、これをかぶった日は、良いことがありそうな予感が勝手にします(笑)

おもしろい事に、「好きな色は?」と聞かれたら、正直、赤“以外”の色を答えるのですが、「“ファッション”で使うのに好きな色は?」ともし聞かれたら、即答で「赤!」と言うかもしれないと思うほど、自分でも無意識のうちに、身の回りに「赤色の小物」が増えているんですよね~。
特に冬は。

考えてみると、冬って、コートをはじめとした洋服が、ついつい暗めの色になってしまったりしませんか?
それに加えて、寒さのせいで、なんとなく気分も暗く塞ぎがちになってしまったり。

でもそんな時、何かしらの「赤い」ファッション小物を身に付けると、とたんに気分が華やいだりするんですよね~。
それに、心なしか力も湧いてきます!

これは、色彩効果的な観点からも理にかなっていて、「赤」は“血液”の色なので、とても強い“生命力”をもっていますし、“太陽”を象徴する色でもあるので、「赤」を身に付けると、まさに暗い心に“太陽”が差したように、パァ~!と明るい気分になるんでしょうね。

それに、個人的には、コートなどの大部分を暗い色にして、マフラーや帽子などの小物類で、鮮やかな赤色を少量“差す”と、暗い色のカッコ良さがより締まり、かつ、赤の華やかさもより引き立って、簡単におしゃれっぽく見えると信じています!

私はついつい寒さがピークを迎える2月には、もっと気分が暗く塞ぎ込みがちな日々が増えてしまうので、これからもこのお気に入りの赤いニット帽やマフラーを身に付けて、強く華やかなパワーをもらって、今まで以上に素敵な春を迎えたいものです♪


nice!(0)  コメント(0) 

YuukiのHappyHalloween 番外編 [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2017.11.06(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.328
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

先週のブログで、今年もHalloweenを楽しんだというご紹介をいくつか致しましたが、今日はその中でも、昨年から行っている「お菓子の巣」についての嬉しい後日談をご報告します!

「お菓子の巣」とは、ビニールテープで作った蜘蛛の巣に、まんべんなく色んな種類のお菓子を張り付けて、道行く人なら大人も子どもも、ご自由にお菓子を取っていって下さいね!
・・・という、YuukiオリジナルのHallweenイベントです。

初めは「ご自由にとは言っても、取っていくのに躊躇するかもねぇ」と予想していたのですが、いざやってみると、意外や意外!! 
予想をはるかに上回る数のお菓子がしっかりと数時間後には無くなっていて、皆さんの反応があること自体をとても嬉しく楽しんでいます。

★ Before ★ 
1_Before.JPG
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★ After ★
2_After.JPG


今年は、さらにその減り方はきれいで、10月28日(日)~10月31日(火)の4日間続けたのですが、用意したお菓子がすっかりなくなった時には、なんともいえない達成感でした!

そんなHalloweenイベントを終えた11月1日(水)の朝。
ふと、お菓子が飾ってあった入口のドアノブのところを見ると、

なにやら紙袋が引っ掛けてあるじゃないですか・・・!
「あれ?なんだろう、コレ。あ、中に何か入っている・・・!」
そう思って中身を見てみると・・・

IMG_5091.JPG

『おかし、ごちそうさまでした!カゼでフラフラの仕事帰りでしたが、飾りつけとお菓子にカラダもココロもホッコリしました!ほんの気持ちです! ★Happy Halloween★』

と、書かれたメモ付のお菓子が!!

なにこれ、めちゃくちゃ嬉しい!!!!!
まさか、こんなお返しを頂けるなんて!!!!!

なによりも、
私が私の楽しみのためにやったことが、
偶然通りかかったどなたかの元気チャージに繋がることが出来ただなんて・・・!!

もう、ただただ嬉しくて、感動的で、涙が出て来てしまいました。
なにこの、まるで「傘地蔵」みたいな感動話・・・。

もぅこれは、ますます来年からもこの「お菓子の巣」はやめられないな!

いつか、「Halloween時期にだけ現れる、幻の“お菓子の巣”」と丸の内界隈で噂になる日まで、とりあえず楽しみながら毎年続けていこうと誓ったのでありました^^

nice!(0)  コメント(0) 

YuukiのHappyHalloween [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2017.10.31(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.327
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

皆さま、こんにちは。
今日は10月31日。私が大好きなハロウィンの日です!
このブログを長年読んでくださっている読者様の中には、私がハロウィンに並々ならぬ情熱を注いでいることはご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで、今年もバッチリ飾りつけやらのFan Eventを丸の内教室の方で行いましたので、その様子を写真の数々でお伝えしたいと思います。

【今年の新作①:ミニオン達の Haunted House(お化け屋敷)】
IMG_4995.JPG
IMG_4996.JPG
IMG_5001.JPG
IMG_5005.JPG

【今年の新作②↓:ミニオン’s ホラーナイト】
IMG_5043.JPG

【今年もやりました!① : みんなで仮装パーティー】
IMG_5018.JPG
IMG_5012.JPG
IMG_5014.JPG

↓ で、この子たちも、ちゃんとお菓子をGet♪ ↓
IMG_5051.JPG
IMG_5052.JPG
IMG_5054.JPG
良かったね ^^

【今年もやりました!② : お菓子の蜘蛛の巣】
★ Before ★
1_Before.JPG

(約24時間後)

★ After ★
2_After.JPG

激しい雨の降る悪天候の中だったにも関わらず、この減りよう!去年より多い!凄い!嬉しい!!浸透した?
あ~、やっぱりHalloweenって楽しいなぁ♪ 大好き!

nice!(0)  コメント(0) 

Youkiが好きなTwizzlers [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.08.22(執筆担当:Youki)たぶんVol.319
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!


こんにちは。皆さま、お盆休みはどう過ごされましたか?

私は、「とことん家でゆっくりする!」と決め込んで、以前Micchanに教えてもらった文庫本漫画の『すーちゃん シリーズ』を4冊一気買いして読み込むなど、いたって平和で波風のない時間を過ごすことができました♪
スーちゃん.jpg

・・・さて、話題は変わりまして・・・
私Yuukiが受け持つ学習塾の生徒にNちゃんという中学校2年生の女の子がいるのですが、その子は、幼少期をBostonで過ごしていたという、帰国子女です。

そう、Bostonといえば、私Yuukiも高校&大学時代を過ごした縁の深ぁ~い土地!
ですから、このNちゃんとは時々、お互いのボストン時代の思い出話や「アメリカでの日常生活あるある」をシェアしては、「そうそうっ!」と笑いあったりすることがあります。

そして先週の授業の終わり掛けにもそんなような雰囲気になり、話題は「日本になくて恋しい、アメリカで好きだったお菓子」の話になりました。

実は私、どうにも恋しいアメリカのお菓子があるんです。
そのお菓子は、アメリカ人にとっては幼いころから口にする馴染みあるお菓子で、そのせいか、アメリカ人では「嫌い」という人をみないくらいの人気があるんですが、逆に日本人では、私以外で「好き!」って言ってくれる人に巡り会ったことが無いんですよね・・・。

「でも、幼少期をアメリカで過ごしたNちゃんなら、もしかしたら共感してくれるかもしれない・・・!!」

そんな期待を込め、こう聞いてみました。

Y:『じゃあさ、Nちゃん。もしかして“あれ”は好き?』

そう、この時点ではあえて お菓子名は出さず、“あれ”と言ったんです。にも関わらず・・・!

N:『分かります!あれでしょ? Twizzlers!! 大好きです!』

Y:『!!!!!
  『そう、それ!!すごい!何で分かったの !?』
  『しかも好きなの? 噓!? 私、私以外の日本人でTwizzlersが好きって子、初めて会った!

すごい、Nちゃん!「もしかして、“あれ”は好き?」っと聞いたことで、
「日本人に滅多に好かれない、アメリカのお菓子」という私のニュアンスを読み取り、
「日本人に滅多に好かれない、アメリカのお菓子」= Twizzlers と直結して当ててしまうとは!!
しかも、Nちゃんも好きだなんて!奇跡!!


ご説明しますと、Twizzlersというのは、こういう色と形状のお菓子です。
twizzlers.jpg

毒々しいイチゴ色をしてはいますが、まったくイチゴの味はしません(苦笑)
何かしらの味はするのですが、それが何味に近いかといわれると、いまだに表現不可能です(苦笑)

そして触感は、まるでプラスチックです(苦笑)
なんというか、グミともまた全然違うんですよね~。
「絶妙に“硬・柔らかい”プラスチックチューブ」のような感じで、咬みごたえは抜群です!

・・・という具合に、日本では類似品をみない、「奇妙なお菓子」です(苦笑)

でも!一度食べたら病みつきなんですよ!! もう、何本でもいける。
味というよりも、触感を楽しむお菓子なのかなぁ?
もしかしたらアメリカでの人気も、もはや「美味しいから」とかそういう次元ではなく、ただただ「幼いころから慣れ親しんだお菓子」として擦り込まれているからかも、Twizzlers(苦笑)

このTwizzlersをMicchanやKikkoに紹介したこともあるのですが、口にした瞬間「まっずい!!」と言われ、でも、そこまで毛嫌いされるとは正直思っていなかったので、逆にすごくビックリした覚えがあります。
「えっ!? そこまで嫌う? なんで??」って(苦笑)

そして、ここもNちゃんとの共感ポイントで、嬉しいことにNちゃんは、そのTwizzlersが、

・アメリカでは、幼い頃から食べる人気のお菓子であるコト
・でも日本では、みんなが「不味い!」と言い、全く美味しさに共感をしてくれないコト

・・・にも大いに賛同をしてくれて、
お互いに、初めて“同志”を見つけたような、とても嬉しい感覚に !
そして、今までで一番Nちゃんのことを、「帰国子女だ!」と実感した瞬間でもありました ^^;

こんな感じで、きっとまだまだ「アメリカにしかないお菓子」には、
「なんでこれが人気なの??」っと、日本人が頭を抱えたくなるような代物があるんだろうなぁ。

あ~~、久々にBostonのスーパーで、お菓子を買い漁りたくなっちゃった♪

nice!(0)  コメント(0) 

Yuukiの10年間(今後) [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.06.06(執筆担当:Youki)たぶんVol.311
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

先週の2017年6月9日(金)は私、Yuukiの「X5回目」の誕生日でした!
この“X5才”というのはなかなかに節目的で、はっきり言って“完全にいい大人”な年齢なのですが、そんな“完全にいい大人”として歩む向こう十年間は、こう生きていこうと決めました。

《清く、自由に、楽しむ》

清く、自由に、楽しく生きようと決めたのには、いくつかのきっかけがありました。

■きっかけ①■
《双子座の君へ》_by 鏡リュウジ.jpg

私は6月9日生まれの“双子座”なのですが、その“双子座”の性格的傾向を捉えた上で、“双子座に合った生き方のヒント”を教えてくれる『双子座の君へ』という本 を、PROJECT Kの同志であるMicchanがプレゼントしてくれまして。

その本で繰り返し書かれていたアドバイスこそ、
「双子座は、とにかく風のように自由。自由に考え生きてこそ双子座!」
というものでした。

確かに私は周囲によく、「Yuukiちゃんは、とにかく自由だよね(笑)」と言われます。
そして、その自由さ(=マイペースさ)ゆえに、やる気スイッチの入り方にムラがあり、何かひとつを追究し切るガッツが足りないと咎められることも時々あります。
ですから、今までの私はどうしても“自由である”ということが誉め言葉だとは捉えきれず、“自由”とは、「自分らしくいられるので心地良いけれど、自分を甘やかす悪しきもの」に近い感覚でした。

でも、なんか、この本を読んで、自由である自分を肯定された気分になれたといいますか、「自由でいていいんだ!私は自由でいてこそ上手くいくんだ!」と、自信をもらった気分になれたのです。

・・・だってよく考えたら、私の名前は「」ですし!
もともとの名前に、「自」と「望」が「る」んですよ!!

そりゃあ、どうしたって自由になりますよね(笑)

ですから、もう全面的に開き直って(?)自由に生き易いように生きてやろうと思います!
そしてMicchanこそ、「Yuukiちゃんには、ずっと自由でいて欲しい」と言ってくれますしね♪



・・・でも、人の道を外れるほど自由でいてはいけないので、「そこはきちんと“清く”!」ということで、《清く、自由に》としてみました(笑)

■ きっかけ②■
乃木坂46 All MV Collection ~あの時の彼女たち~.jpg

実は私、去年からアイドルグループの“乃木坂46”にハマっています。

そして、ついにこの誕生日に、乃木坂46のほぼ全リリース楽曲のMVを58作品分()収めた、
『乃木坂46 All MV Collection ~あの時の彼女たち~』
をプレゼントしてもらい、そのMV集で目にした、
『羽根の記憶』という曲の歌詞に心を奪われました・・・!

要約すると、
「10年後も、本来は誰にでも生えている背中の羽根をちゃんと広げて、
 ちゃんとその羽根を使って、自由に希望の空を飛び回っていたいな。
 だって、まだ眠っている可能性は、無限大。」 

という歌詞で、■きっかけ①■で「自由に生きて良いんだ!」と自信を得た私にとっては、追い風としか言いようのない内容なんですよね~(感涙)

でも、私の心を最も奪ったのは、この曲の途中で現れるこの歌詞↓
『書き出してみた。やってみたいことや、会ってみたい人を。思いつくまま、欲張ってみたよ。』

この、“やってみたいこと”や“会ってみたい人”という言葉が、それはそれは新鮮に響いたのです。
だって最近、「やってみたい!」という気持ちを原動力にして行動していなかったかも…。

確かMicchanも数か月前のブログで同じようなことを書いていた気がしますが、最近は、「やらなきゃいけない」ことや気持ちにばかりに振り回されて、「やってみたいこと」をやって“楽しむ”ということをすっかり忘れていたように思います。

よし!今度私も、“やってみたいこと”や“会ってみたい人”を書き出してみよう!
欲張れるほど“やってみたいこと”や“会ってみたい人”に溢れてこその人生ですよね!

《清く、自由に、楽しむ》という方向性には、そういう気持ちが込められています。

・・・ちなみに、乃木坂46にはこれ以外にも「知性と品を感じる、詩的な良曲」がわんさかあります!
そして、ほんと見事に全メンバーが可愛いです!!全員が可愛い過ぎて、むしろ嘘かと思うくらいに。
ですから、皆様も良ければ一緒に“乃木坂46沼”にハマりましょう(笑)

***************

《清く、自由に、楽しむ》

うん、改めて、良い生き方だなと思います。
“いい大人”になればなる程しがらみが多くなるといわれがちだからこそ、この10年間は、《清く、自由に、楽しむ》ことを忘れずに生きていきたいと思います。
その結果、より新しく素敵な「PROJECT K」 と「こと実のり保育園」の発展にもつながると信じて・・・!

柴崎 岳様♪ [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.1.9(執筆担当:Youki)たぶんVol.289
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

明けましておめでとうございます。
2017年も、私たちPROJECT K 及び、このアナログブログを宜しくお願い致します。

さて、Youkiにとって2017年の幕開けは、今までで一番良い予感に溢れるものでした!

元日は、大阪の吹田スタジアムで行われた「サッカー天皇杯・決勝戦」を現地でライブ観戦して過ごしたのですが、決勝戦のチケットを入手した時にはまだ対戦カードが分からなかったのに、結果、一番見たかった「鹿島アントラーズ vs. 川崎フロンターレ」になった時点で、すでに良い前兆!
鹿島VS川崎.png

なにせ私は、一番好きな選手は、鹿島アントラーズにいて、でもサッカーチームとしては、川崎フロンターレが好きなので、夢の対決を前に、スタジアムに向かう前から小躍り状態でした(苦笑)

でもスタジアムに着いたら、さらなる“ラッキー”が重なっていて、指定された席が、「コーナーの目の前の、5列目」という、今までで一番の神席!

そして、何が一番ラッキーで大興奮だったかって、この日、目の前のコーナーから、お目当ての選手がキックインをしてくれたこと!
ですから、私史上一番の近距離で、大好きな選手の姿を拝むことが出来たんです!

なお、こちらが私の一番好きな選手、
鹿島の10番を背負う、「柴崎 岳」選手です。
コーナーキック岳さん.JPG


あ~~~~~~
私史上一番近くで見た、生・岳選手、カッコ良かったぁ~~~~!

これだけでもう心の満足度は100%を超えかけたのですが、延長戦までもつれ込む激闘を見られた上に、
2対1で鹿島アントラーズが勝ち、さらには、全3ゴールが私たちの目の前のゴールで生まれるなど、「こんな良いこと尽くしの試合を見ちゃっていいの!?」っと心配になるくらい、本当、元日早々から、良いものを見させて頂きました~~~♪♪♪


ところで、私の好きなこの「柴崎 岳」選手は、最近では、クラブワールドカップの決勝戦で、あのスペインの強豪、レアル・マドリードを相手に2点を奪い取った(一時期は勝ち越しさえもたらしていた!)ことで世界中を驚かせ、一躍 “時の人” になった選手です。

でも、長らく日本代表からは離れていて、同年代(あるいは年下)の選手が次々とヨーロッパの強豪チームへの移籍をしていく中、柴崎選手には、移籍の声が掛かるようで掛からない、もどかしい状況のようにみえました。

日本のプロサッカー選手にとって、ヨーロッパ移籍だけが輝かしい経歴ではないと思いますが、全くのド素人である私が、野次馬な心で単純に考えたら、
「同年代の選手が日本代表になったり、ヨーロッパへ行く中、自分だけが行き切れないような状況だと、柴崎選手の抱える苦悩とか、葛藤とか、悔しさとか、相当なものなんじゃないかなぁ・・・」
・・・なんていう、余計なお世話すぎる心配を、失礼ながらもしてしまっていました。

でも、とあるインタビューで、柴崎選手ご本人は、

「(海外で活躍する同年代の選手に対して)そういった気持ちやライバル心は、ありません。
  ぼくは、“自分は自分”っていう思いが強いので・・・  今いるチームが勝つためのことを、するだけです。」
みたいなことを笑顔で語っていて。
ライバルじゃあ、ない.JPG

そして、この言葉を思い出しながら、クラブワールドカップの決勝戦で見事に2点を決め、世界屈指の強豪チームのレアル・マドリードを一時は黙らせたことで、おそらく海外移籍をしたどの日本人選手よりも世界中を驚かせ、その高い実力と才能を、ここぞという大舞台で爆発させる姿をみたら、彼の言葉と意思は本物だったんだなぁと、なんだか涙が出てきました。
それよりも応援.JPG
自分は自分.JPG

そして、私は時々、「また先を越された!悔しい!」と苦々しく思うことがあるんですが、柴崎選手を見ていたら、そんな自分がちっぽけに思えてきました。

もし今、誰かに何かの先を越されているように見えたとしても、今自分が先を行かなかったからこそ、あとあと、もっと良い方に転がることだってありますよね。

そして、一番大事なことは、「先を越されて悔しい!」っていうネガティブな感情を抱えるよりも、「まだ先に行かないからこそ、自分にやれること/やるべきこと」をすること。

そう、海外移籍をしていく同年代の選手に、ネガティブな感情や嫉妬心は一切抱かず、淡々と自分が今いるチームでするべきことに対して努力を重ねた結果、あとあと、どの日本人選手よりも世界を驚かせた、柴崎岳選手のように!

こういう姿勢を、改めて身をもって私に教えてくれた柴崎選手は、私にとってのスーパースターです!

どこにいっても応援するぞー!

Youkiのこだわり ブログトップ