So-net無料ブログ作成

ノートルダム大聖堂 [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.16(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.367
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

【ノートルダム大聖堂で大火災 尖塔と屋根が崩落】
今朝飛びこんだ、耳と目を疑うようなニューステロップ
01.jpg

「えっ!?ノートルダム大聖堂って、あのパリのノートルダム大聖堂??」と、フランス・パリから遠く遠く離れた名古屋に住むYuukiでもニュースを聞いた瞬間に頭が真っ白になり、激しい喪失感と絶望感に襲われました。

だから、フランスで生まれ育った人にとってみたら、この崩落がどれだけ心をえぐられるショッキングな出来事であるか・・・もう、頭では考えられる範囲のレベルでは無さそう・・・

その例えようのない喪失感を、フランス大統領のマクロン氏は、
「私たちの一部が焼かれているのを見て、悲しい」と表現しています。

「私たちの一部」

深い言葉です。そして、確かにそうですよね。

だって、パリのノートルダム大聖堂といえば、エッフェル塔よりも凱旋門よりも歴史のある、フランス・パリが培ってきた文化や歴史の“生き証人”であり、パリジャンの“誇りの象徴”みたいなものだと思うんです。

日本でいえば、「奈良・法隆寺の五重塔が崩落」とか、「清水寺の舞台が崩落」っていうレベルですよね、きっと。
そう考えると...

日本も長い歴史があり、1000年以上前の建物がある国だからこそ、私の心はこのニュースに絶望した(悪い言い方をあえてすれば、絶望出来た)のかもしれません。

他の国出身の人たちは、このニュースを聞いてどう感じたのかなぁ??
そのコメントの違いには、お国柄や歴史的背景の違いが出てきそうな気もするので、機会があれば、さまざまな国出身の知人友人に是非聞いてみたいと思ったニュースでした。

皆さんは、ノートルダム大聖堂の大火災、どう感じられますか??


nice!(0)  コメント(0) 

セレブKikkoになったわけ [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.9(執筆担当:Kikko)たぶんVol.366
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

おはようございます。
新しい元号が決まってから、ほぼ一週間経とうとしています。
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
Kikko個人的な一番のニュース
「Kikko、自転車で転倒し額をつよく打つも、奇跡的に血を流すことなく骨折もせず平常通りの生活が送れている!!!」

これぞ、まさしく、不幸中の幸いなり。

一瞬のことだったので自分がどういう体勢で転んだかは全く分からないのですが、翌日病院に行く前に、お墓参りに行ってご先祖さまにお礼を言ったほど運がよかったのです。

自転車のハンドルにかけていたトートバッグが車輪とフレームの間に挟まれ、急ブレーキがかかり前方に自転車は半回転したんです。

ああああ 立てな~い。
なんか、おでこがふくらんできたあ~
きっと顔が傷だらけになってるんだあ~
さすがのKikkoも今回ばかりはダメだわ~~
救急車に運ばれるかも…

・・・でも、待てよ。なんか立てそう。
恐る恐る立ってみたら意外と足とか手は大丈夫。
怖いけれども鏡で顔を見てみよう。
あっ、ダメだ。化粧ポーチが入っているトートバッグは挟まったまま全然抜けない。
自転車の前輪が動かない。でも、ひっぱってなら後輪で動きそうだ。

という具合にずるずると家まで自転車を引っ張って帰ると、そこには作業中のHideoさんがいました。
自宅の近くの転倒だったこともラッキーでした。

あれあれ??
私の顔をみても、びっくりしてないじゃん。

事務所の鏡の前の立ち、自分の顔を覗き込んで見てみると顔がぐちゃぐちゃにはなっていなーい!!
血も流れていなーい!!
目もちゃんと見えている!!

我が夫、Hideoは心配したり怒ったりすることも一切なく、「Kikkoさんなら、さもありなん」って感じで冷静に自転車からトートバッグを外してくれていました。

みるみるうちに瞼が腫れてきましたが、そのことを私に伝えることもなく、「今から、保育園に行って新しいスタッフの面接に行ってくるから」と言っても止めるわけでもなく「気を付けてね」と声もかけてくれるわけでもなく、「うん」って返事をするいつものHideoでした。

何事もなかったように接してくれたことが、かえって私に安心感を与えてくれて嬉しかったです[黒ハート]


ただ、左目は醜いパンダになっているのでサングラスをして外出しています。
セレブっぽくないですか?

02.jpg

先週、穏やかな時代になりますようにって言っていたばかりなのに・・・ね。
皆さまもどうかお気を付け下さいませ。

nice!(0)  コメント(0) 

新元号は令和です [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.2(執筆担当:Kikko)たぶんVol.365
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

新しい元号が決まって二日目の朝を迎えています。
昨日は日本中の多くの人たちが新しい元号が決まる瞬間をかたずを呑んで待っていたのではないのでしょうか?
私もそんな気持ちで発表を待っていた一人だったのですが、なんと、うかつにも歯医者の予約を11時30分にしてしまっていたのです(苦笑)

それでもなんとかリアルタイムで新元号が発表される歴史的瞬間を見たい!!!
(繰り返しニュースで使われていた「歴史的瞬間」は大袈裟だと思っていましたが私も使っちゃいました。)

と遅刻覚悟で近くの駐車場に車を停めラジオと携帯のネットニュースに釘付け状態で待つこと5分。
さらに5分。
いっこうに菅官房長官は壇上に現れず、さすがそれ以上の遅刻は許されないリアルタイムで知ることを断念し致し方なく歯医者へと向かいました。
no.jpg

結局、帰りに立ち寄ったこと実のり保育園で「令和」と知りちょっとほっとしました。

個人的には「泰」や「永」は使ってほしくはないなと思っていたからです。
「れいわ」という音の響きがよく「令夫人」「令嬢」という漢字のイメージからも品の良さが感じられ
私は気に入っています。

万葉集に出てくる「令月」の意味は「よい月」という意味らしいですね。

それにしても、昨日は新年度の、そして1週間の仕事の始まりでもある4月1日月曜日で、晴れ渡った青空も広がり、新しいことがスタートするに日にふさわしい日でしたね。

最近って国内外問わず、何か新しいことが決まったり、誰かが新たに重要なポストに就いたりするとすぐに「成り行き不安から日経平均株価かどうの」とか「期待感からニューヨークダウがどうの」とか連動して経済が揺れ動きだし、不安な思いにかられることが多いような気がします

でも昨日は日本中の多くの人たちが純粋な気持ちで新しい元号を自分たちの物として受け取ったのではないでしょうか?

昭和・平成という二つの元号をまたぎ令和という新しい時代をこれから何年か生きていくって思うと、
日頃、自分の年を実感することってなかなかないのですが、私って結構長く生きてきたな~。

私たちの年代は「戦争を知らない子どもたち」として育ってきたので、二度と繰り返してはならない戦争があったのは昭和だったのですが、かなり平和に生きてきました。
平成は戦争こそなかったものの大きな地震が3つもあり、最近では自然災害による被害が年々大きくなっているようで心配です。
とにかく「令和」においては穏やかで健やかな時が刻まれ続くことを望むばかりです。

すこし、話は変わり、20世紀もあと1・2年で終わろうかという時に、Youkiをアメリカの高校に送り出そうと決めたと思います。

「Youkiはこれから21世紀を生きて行く人。私は20世紀を生きてきた人。そんな私がそばにいてとやかく言っていては彼女の個性や発想を私がダメにする」と思い、単独での高校留学を決めさせました。

彼女の個性や発想が花開いているか?開いていくか?は別にして、今ではすっかり頼れるコ・ワーカー(CO・WORKER)に成長しています。

そんな「昭和」生まれ「平成」育ちのYoukiさんが、彼女の娘“ちびっこMちゃん”や“名西塾生”そして“令和生まれのこと実のり保育園の園児たち”にどんな言葉をキーワードにして新しい時代にマッチした子育てをしていくのでしょうか?
そしてどんなレッスンを繰り広げていくのでしょうか?

楽しみでーす♪

01.jpg
Kikkoもほしかったな~号外
でも危険極まりない状態だったみたいだね

nice!(0)  コメント(0)