So-net無料ブログ作成

高麗屋親子三代同時襲名披露公演について [イベント]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.2.13(執筆担当:Kikko)たぶんVol.337
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★


「メダル・ラッシュで沸く!!」の文字と熱気溢れるアナウンスと映像で目が覚めた今朝でした。
高木美帆選手も高梨沙羅選手も4年前の雪辱を果たせて本当によかったあ~
2回目を飛び終えたあとの沙羅選手の笑顔と涙は自分自身の納得できるジャンプもでき銅メダル以上の価値あるものでしたね。
メダルが取れなかったら…と思う重圧からやっと解放された沙羅ちゃん、ゆっくり休んでください。

そして美帆選手もこの後に続く1000メートル、パシュートをお姉さんとともに頑張ってほしいです。

こんな20代前半の若い選手たちの活躍で始まった今週ですが、彼らと同じようにこれからの歌舞伎界を担っていく美形青年は誰でしょう?
もうお分かりでしょうね?
金太郎改め市川染五郎さんです(個人的には“さん”って言うよりはまだまだ“君”って呼びたいのですが。)

KikkoとHideoはこの週末に彼に会いに!?またまた東京に行ってきました。
我らは何事も話題にはついていきたいミーハー夫婦なんで、37年ぶりの高麗屋親子三代にわたる同時襲名披露公演を見逃すわけもなく歌舞伎座に足を運んで参りました。

02.JPG
03.JPG

ついでながら、私は高校三年生の時、当時の染五郎演じる「ラマンチャの男」を母に誘われ観に行ったとき、あまりの感動に席から立ち上がることが出来なかったことを今でも鮮明に覚えています。
つまり、幸四郎改め、白鷗のことはその時以来のファンで特に「ラマンチャの男」に関しては追っかけと言ってもいいかもしれません。
染五郎君だけを観に行ったわけではありませんからね(笑)

01.JPG

1月公演の襲名披露口上とは違い、お芝居の中で繰り広げられた口上はお正月の雰囲気を彷彿させるような華やかな舞台と豪華メンバー勢揃いの夢のような舞台でした。
さすが高麗屋さんです!
染五郎さんは初々しい色気がなんともいえない、将来が本当に楽しみな品のある歌舞伎役者さんでした。
最後の演目の「仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」においても寺岡平右衛門役の海老蔵はやはり華があり、お軽役の菊乃助は顔も声も美しく、私が言うのもおこがましいのですが、
すっかり成長されたって感じでした。

至福の時間を過ごせた週末でしたが、最終の新幹線で帰ってきたので家に着いたのは、日にちが変わる寸前でした。
現実に戻り、今週も頑張るぞ~
っていうか、今から、お弁当作りを急がなきゃ。


nice!(0)  コメント(0) 

年明けのブログです。 [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.1.16(執筆担当:Kikko)たぶんVol.???
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

遅ればせながら・・・で、年明けにKikkoが書いたブログをUPします・・・

2018年もはや1ヶ月経とうとしています。
大変遅ればせながら、みなさま本年もよろしくお願いいたします。
新年明けましておめでとうございます。

本年もPROJECT K ならびにこと実のり保育園を宜しくお願いいたします。
ああ.png

おっと、ここで忘れてはならないのが、有限会社 吉鐵 でございます。
Kikko とHideoでしっかり守り続けておりますので、御ひいき賜りますようお願いいたします。


ところで、みなさんにとって「あ~、お正月気分も完全に抜けたな~」って思われる時っていつごろですか?
私は仕事柄、新しい年号や西暦を領収書などに記入するペンがスムーズに動くようになった時にそう感じます。
僅か数日のことで慣れ親しんできた年号が妙に古く感じられるようになるのって長年付き合ってきた友人と別れを惜しみながらも新しい環境にすぐ慣れていく時の気持ちと似ているなあ~って思ったりもします。

そしてもう一つ、月並みですが、「あなた今年の抱負はなんですか?」
1月の英会話のレッスンではかならず取り上げられるテーマ【resolution】です。
私、Kikko は数年前よりこの【resolution】を公言することを止めました。
これだけ長く生きているとそうは簡単に性格や生活は変えられませんものね。

私、Kikkoはいろんなことに対し妙なこだわりを持ち、自分をよけい忙しくしていることが多々あります。
昨年もみっちゃんから「きっこ先生、もうそれ、やめときゃぁ~」ってよーく言われてきました。

そのひとつが200枚ほど出す年賀状や暑中見舞いに必ず、コメントを添えたくなることです。
正確にいえば、コメントというよりは一人一人に宛てた短い手紙を書いてしまうことです。
それゆえ、暮れの超忙しい時期にそんなことをやっていられるわけもなく、「年賀状は年が明けてから書くもの」という信念のもとに!?に、お正月の旅行にも行きつつ、すべての人に書き終えられるのは寒中見舞いの時期もほぼ終わろうかという頃になっていました。

ところが、こんなマイペースな私でも、さすが今年は10円切手を貼って出すのはよろしくないと全ての賀状を7日PM11:50に出し終えました。でもやっぱりギリギリ!!

その2日後に昔からKikkoのことをよーく知っている友人二人からこんなメールが届きました
(この二人には全く交流はありません)

「あなたから、お正月中に年賀状が届いたなんて、Kikkoさんが普通におばさんになったかと心配しています(笑)」

そしていつもなら、とっくに年賀状が届いているはずの友人からは「今年はちょっと油断していました。Kikkoからこんなに早く年賀状が届くなんて!!!」

年内にしっかりと年賀状を書きあげられたこと。
それに伴い3年間分の年賀状のファイリングもしっかり出来たこと。
こんな些細なことでもKikkoの満足度は超アップしました。

なんだか、さらに充実した一年が送れそうです。

やっぱり【resolution】を公言しちゃおうかな?
「やらなきゃいないことを後回しにしない!!!」って



nice!(0)  コメント(0) 

大須観音の節分 [PROJECT K]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.2.6(執筆担当:Micchan)たぶんVol.336
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

今日のブログは私、Mi-cchanである。
しかもこれから当分の間は、Kikkoさんと私でブログも書いていかなければならない!!!
その理由は後日明らかになるとして・・・
だから、出来事はできるだけタイムリーに書き、せっせと書き溜めていこうと心に誓うのです。

さて週末は節分でした!
我がPROJECT Kはここ数年、大須観音の節分に行くことが恒例行事になっています。
昨年は保育園もあり、私はこの恒例行事に参加できませんでした。

保育園と言えば、保育園でも節分・豆まき行事!!(2月3日はお休みのため2月2日に)
数日前から、先生がかわいい鬼を保育園に作ってくれました。
20180202_095103.jpg

そして数日前から、保育士の先生の指導により豆まきの練習をしていました。
私は当初、豆まきの練習ってちょっと笑えるな~と思っていたのです。
だって豆まきに練習があるなんて・・・
しかし、当日、練習が必要である理由がよーくわかったのでした。

こちら、2月2日保育園に襲来した鬼・・・実は私。
WIN_20180202_10_15_18_Pro.jpg

どうです?なかなか怖いでしょ?(笑)
子ども達はこの鬼(私)を見て、
恐怖におののき大号泣!!!
そして、1ミリも動けず立ちすくむ。

お面の中で私は「そんなに泣く~?!いやいや、私、私だから!」と言いたくなってしまうけれど、子どもたちがわかるはずもなく・・・

子どもたちは、豆まくどころの騒ぎじゃないよ!って感じ。そりゃ練習も必要ははず。
数日前からの練習の成果はまったく出せず、ただただ怖い鬼が来ただけ(笑)
ちょっとリアルにしすぎたかな~と、反省しつつ、これもいい経験なのでは?とも思いつつ。

そんなわけで鬼役をした私。
意外にも子ども達の反応が上々でちょっとした手応えがあり、保育士の先生は「どう?やみつきになるでしょ~?」とニヤリ。

そしてこれは本番、2月3日の節分。
今年は土曜日だったので、保育園もお休みで、PROJECT Kの恒例行事に参加できました!
Kikko先生も私も他の予定があったため、「1時間で行って帰ってこよう!」と意気込んで行きました。
でも会場に着いたら着いたでいろいろ忙しい。
だって、櫓からまかれる豆も拾わなきゃいけないし、お飾り付きの豆やお札も買わなきゃいけない、護摩行の護摩木だってお供えしたい!
もちろんお参りだってしなきゃいけない!
・・・と、そんな中、
私はなんとなく、あることがしたくて、うずうず・・・キョロキョロ・・・

あ、いたいた!と一人で喜ぶ私。そんな私を見てKikkoさん
「も~、みっちゃん、鬼と写真撮ってほしいんでしょ~(笑) 撮ってあげるわ~」

そう、そうなんです!
今年、鬼役をしてみた私。
大須観音の鬼はさすが本場(?)で、本当に怖い!
心の中で勝手に「すごい!さすが鬼の師匠!」と思った私は、まるで鬼のファンのように心が弾んでいたのです。
そんな私を見てまたまたKikkoさん
「去年もいたけどな~、何をそんなに突然写真撮りたいわけ~」と笑っていました。
20180203_170152.jpg


保育園で鬼役をした私にとって、自分でも不思議なくらい鬼に親近感が沸き、むしろ鬼最高!!私、鬼の弟子です!みたいな盛り上がり。
これまた保育園の子ども達のおかげで新たな発見&新たな自分の鬼好きの一面?に出会えたのでした、とさ(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

赤い小物で気分を上げて♪ [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.1.30(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.335
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

こんにちは。まだまだ雪がちらつく極寒の日が続きますね~。
でも、「寒さは厳しくて雪も積もっているのに、空気はカラッと快晴!」な最近の天気は、かつて住んでいたボストンの冬景色に似ていて、どこか懐かしく、ちょっと好きです ^^

さて先週のブログでは、Mi-cchanが彼女独自のゲン担ぎ的グッズとして、「LACONICの手帳」を紹介していましたね。
そこで私にも何かそんなような「ゲン担ぎ的グッズ」ってあるかな~?・・・と考えてみたら、ありました!

私にとっての「ゲン担ぎ的グッズ」は、「赤いファッション小物」です。

というのも、マフラー・帽子・靴・靴下・バッグなどの「赤いファッション小物」を身に付けた日は、いつもより気分が上がることに気が付きまして。

その証拠に、今日も気が付けば、

・マフラー
・ニット帽
・ヘアピン

に、赤色が入っていました!

IMG_5542.JPG
IMG_5541.JPG

↑特にこのニット帽は、
今年の新春初売りで買ったお気に入りで、これをかぶった日は、良いことがありそうな予感が勝手にします(笑)

おもしろい事に、「好きな色は?」と聞かれたら、正直、赤“以外”の色を答えるのですが、「“ファッション”で使うのに好きな色は?」ともし聞かれたら、即答で「赤!」と言うかもしれないと思うほど、自分でも無意識のうちに、身の回りに「赤色の小物」が増えているんですよね~。
特に冬は。

考えてみると、冬って、コートをはじめとした洋服が、ついつい暗めの色になってしまったりしませんか?
それに加えて、寒さのせいで、なんとなく気分も暗く塞ぎがちになってしまったり。

でもそんな時、何かしらの「赤い」ファッション小物を身に付けると、とたんに気分が華やいだりするんですよね~。
それに、心なしか力も湧いてきます!

これは、色彩効果的な観点からも理にかなっていて、「赤」は“血液”の色なので、とても強い“生命力”をもっていますし、“太陽”を象徴する色でもあるので、「赤」を身に付けると、まさに暗い心に“太陽”が差したように、パァ~!と明るい気分になるんでしょうね。

それに、個人的には、コートなどの大部分を暗い色にして、マフラーや帽子などの小物類で、鮮やかな赤色を少量“差す”と、暗い色のカッコ良さがより締まり、かつ、赤の華やかさもより引き立って、簡単におしゃれっぽく見えると信じています!

私はついつい寒さがピークを迎える2月には、もっと気分が暗く塞ぎ込みがちな日々が増えてしまうので、これからもこのお気に入りの赤いニット帽やマフラーを身に付けて、強く華やかなパワーをもらって、今まで以上に素敵な春を迎えたいものです♪


nice!(0)  コメント(0)