So-net無料ブログ作成

名西塾から見える景色 [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.05.16(執筆担当:Kikko)たぶんVol.307
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

ちょこちょこブログでは紹介していることですが、私Kikkoは、かつて個人塾としてはまぁまぁ大きな学習塾&英会話スクールを中村区役所の近くで営んでいたのですが、12年ほど前に家業に携わることになり、自宅近くのVIA141マンションの1208号室に引っ越してきました。当初は英会話や個別クラスだけにとどまらずコミュニケーション・スペース≫ と称して、「みんなが集まれる、みんなのための空間」にしたいと新たなスタートを切りました。

新しいスペースとなった1208号室は12階の南角部屋なので、引越してから2、3年の間は、「南正面に名古屋城が!」「少し南にテレビ塔が!」「更に南に旧大名古屋ビルヂングが!」・・・と、名古屋を代表する建造物が部屋に居ながらにして見渡せる、なんともゴージャスな景観にPROJECT Kは恵まれていました。

ところが、12年経った今ではもう、部屋から見えるのは新名古屋ビルヂングだけとなってしまいました・・・。
特に、ある日突然「名古屋城」が1208号室にいる私の視界から消えていた時は、本当にショックでした!これ、大袈裟ではなくホントです!!
建築中のマンションが一階層高くなった結果、名古屋城が隠れてしまったんですよね・・・。
そしてその日以来、再び1208号室から名古屋城が見えることは、ありません。

でも、それでも、昨日のような天気のいいの日の夕暮時に、1208号室の窓を開け、心地よい風を受けながら澄み渡る空を見ていると、本当に幸せな気分になります。
今でも、個別クラスで教える時に生徒と囲むテーブルでKikkoが座るのは、ずーっと変わらず、かつては名古屋城が見えていた位置の席です。

先日も授業中に思わず「いい気持ちだね~、日も長くなったしね~」と言ったとたん、男子生徒のH君が、「そんなこと言うなんて、先生も年をとったねえ~(笑)」そして透かさず「ところで先生って何歳?」っと聞いてきました。「だから、今年で118歳っていつも言ってるじゃん!」と彼の不意打ちの質問にも慌てることなく正直に???答えました。

そんな時、ふと彼の手元を見ると、彼がやろうとしている問題集が、いつのまにやら英語ではなく数学に変わっているではありませんか!
・・・そうなんです。
断然、文系科目より理数系科目の方が好きな彼は、油断しているとすぐに数学の問題集を机に置いてしまうんですね。
しかも、その日は翌日の英語テストに向けた補習授業として塾に来ているっていうのに・・・!

しぶしぶ英語の問題集を出しかけたものの、やはり数学のことが気になるようで、 『数学の教科書のここに書いてあることが解らんから学校の先生に聞いたのに「なんで解らんの!?」って言ってくるんだよね。
解らんから「解らん!」って言っとるのに!!!だから、もう聞くのやめた!!!』・・・と、かなりご立腹の様子。

そんな彼を見ていて、「やっぱり“学校の先生”にとことん聞くって、難しいよね!!!
・・・と、私も心のなかで同感し、彼の数学の問題集を手にとり問題を解いてみました。
「ああ、ここの所の表現が、彼には理解しにくかったんだろうな…」っと思い、集中力が途切れないように折をみてH君に声を掛け、Kikkoなりに解説をしました。

2・3回聞きなおした後に彼が、「やっと解ったぁ~。先生、ありがとう!学校の先生より説明が解り易かったよ。ホント、解らんで聞いとるのにさ…」・・・いやいや、そんなに誉めなくてもいいよ、H君。
でも、なんだかとっても嬉しかったよ。塾をやっていてよかったな~~

****************************************
シャンパンを飲む喜久子.jpg


ところで皆さんはゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
KikkoとHideoは珍しくどこへも出かけず、カレンダー通りに仕事をして家で過ごしました。

こう見えてKikkoは、部屋の片づけをしたり、色々な家事をこなしたりすることが大好きで、とにかく3日~5日の三日間は家から一切出ず、冷蔵庫にあるもので3食作り続けました。
お財布をいっさい開けることもなく・・・!

5日の朝はHideoとベランダで二人のお気に入りのシャンパンを開けながら、すてきな朝食を取りましたよ♪
シャンパンを飲む秀雄.jpg

スタバの当たりくじ [名西塾]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.05.07(執筆担当:Youki)たぶんVol.306
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

5月に入ってしまいました。
ここまでくると、今年ももう折り返しが間近となり、ドキドキしてまいります。

保育園の子どもちゃんは、連休前にちょっと足を延ばしてのお散歩でノリタケの森まで行った模様。
01.jpg
後ろ姿がかわいい~♪♪♪

02.jpg
こちらは晴天だった別の日の写真

鯉が泳いでます~

最近は、めっきり保育園の活動報告が多い私・・・。
でも、先週のYoukiさんのブログにもあったように、PROJECT Kもしっかりみんながんばっております。
まずは、なんと名西塾に新しく、T先生が仲間入りしました!!・・・仲間入り、か?

Kikko先生指導のもと、主に高校生の理数科目を見てもらう先生です。
実は、先日、T先生とKikko先生の面接に同席させていただきました。
若くてもしっかりして、でも穏やかないい先生だなと思います。
面接だったので、T先生は緊張している様子でした。
でも、部活はオリエンテーリングに入る予定、というT先生にKikko先生が、「あぁ、方位磁石とか使うやつね~」と答えたら、とっても嬉しそうに「そうです!知ってるんですか?!」と。
私もKikko先生も、彼のその初々しい反応に思わず笑顔になり、こういうふとした瞬間にその人なりが出るんだなぁと実感。

そして、失礼ながら、なかなかT先生の名前が覚えられなかった私。
「ごめんね、もう一度、お名前教えてください」と聞いたところ、こんなふうにイメージして僕の名前を覚えてください、と自身の苗字に使われている漢字から連想できるように覚えるコツを教えてくれたのです。
(名前はここでは伏せますが・・・) なるほど!これならもう忘れないね!

思い返せば、Kikko先生も名西塾時代に、そういう何か覚えるコツをよく教えてくれました。
名西塾生には、とってもおなじみの
「should:~すべき、は“シュドゥベキ”」や
「take+目的語+副詞 で“つれテイク”」
などは、Kikkoオリジナル語呂合わせ?で、
何度も教えられたものです。

きっと、そんなKikko流教え方を素でやってくれる彼なら子どもたちにわかりやすく教えてくれるに違いない!!と、確信できた出会いでした。
神様、いい人にめぐり合わせくれてありがとうございます!


さて、皆様GWはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は小さなラッキーが一つ。スタバに入ったある日のこと。
04.jpg
会計時にこの長~いレシートが出てきました。

すると店員さん、少々興奮気味で「お客様、このレシートご存知ですか?!これ、私たちもなかなか見れないんですけど、当たりレシートなんです!サイトで付与される番号を書いてもらったら飲み物がなんでも無料なんですよ!」

ほほ~♪♪♪っていうか、当たりというより、
スタバにそんなシステムがあったことに驚き(笑)
「へぇ~、じゃ記念に写真とっとこ~」って言った私に店員さん、笑ってたけど。ラッキー。
実はわりとくじ運がいい私。そういうところで運使っちゃいかんよな~、とは思いつつ、ほくほくなのでした。


Youkiのアート鑑賞あそび [アートレクチャー]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.05.02(執筆担当:Youki)たぶんVol.305
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

早いもので、去年の10月にPROJECT K のメンバーで新たに“こと実り保育園”を始めてから、もう半年以上になりました。
私たちにとって全く新しい分野への参入だったため、あらゆることが手探り状態でしたが、最近ようやく「保育の基本を踏まえたうえでの、“こと実り保育園”の個性」が明確に発揮されてきた気がします!

例えば、週に2回は行っている「保育園児向けの知育プログラム」も、“個性”のひとつです。
この知育プログラムには「ネイティブ講師による英会話」や「絵の先生をお招きしてのお絵描き教室」などもあるのですが、今回は私(Youki)が保育園児向けに行っている「アート鑑賞あそび」を、我が園の“個性”としてご紹介をさせてい下さい。

アート鑑賞遊びって??」と思われる方も多いと思うので、ちょっとご説明を致しますと、名画や芸術のエッセンスを使った“あそび”のなかで子どもたちが見つけた発見や発想を大事にしながら表現力を高めていく、美術史に基づいたアクティビティ
・・・です。

とはいっても、一見は百聞にしかずなので、実際のあそび風景をお見せしますと・・・
ある日は、フェルメールの【真珠の耳飾りの少女】という作品を使った「着せ替えあそび」をしました。
T_WIN_20170317_10_14_41_Pro.jpg
↑作品の中で少女が身に付けているターバンを、別の色や柄のターバンに着せ替えながら、「もしターバンの色が違ったら、どう見える?」という目と想像力を高めることを目指した“あそび”です。


また別の日には、様々な色と大きさの▲や■のピースを用意し、好きなピースを自由に組み合わせて新しい形をつくる、「自分だけの現代アートづくり」をしました。

L_02.JPG
↑一応、組み合わせの参考となる「完成図(例)」みたいなプリントも用意したんですが、その日は誰もその「完成図(例)」に興味は示さず、全園児が自分の感性に沿った自由な形づくりに夢中になってくれました!

そして、その2か月後に、もう一度同じあそびをやろうと思ったんです。
前回と同じ▲■のピースと、「完成図(例)」が書かれたプリントを一応用意しつつ、「また自由な形をつくって遊んでいいよ」と園児たちに伝えたのですが・・・

なんと今度は、その「完成図(例)」の上に、同じ色と形のピースを乗せていくではありませんか!
IMG_2520.JPG

「きっとまた自由な形遊びに夢中になるんだろうなぁ」と思っていたら、今度はまた違う遊び方を自分たちで考えだし、別の楽しみ方を生み出していたんですよねぇ・・・。

ほんと、小さい子の感性と成長は素晴らしく、大人の予想を軽々と超えてきますね!

半年間この「アート鑑賞あそび」を行うことで気が付いたのは、保育園児にもそれぞれの“好み”があり、同じ絵を与えても、色に注目する子、形に興味を持つ子、描かれているモチーフを指さす子、と実にさまざま。
そしてみんな、その“好み”に沿った遊び方をしてくれるんですよねぇ。

その姿は、それぞれの園児が自分に合った感性を自然に見つけ出しているように思え、とても感動しました!

******************************

こんな感じで園児向けに行われている「アート鑑賞あそび」ですが、
PROJECT K では、小学生向けの「アート鑑賞あそび」も、
「こども英会話」と組み合わせた月極プログラムとして行っています (※ 毎週月曜日と火曜日) 。

【「こども英会話」を月3回(月1回はネイティブ講師)+「アート鑑賞あそび」を月1回】のプログラムで、
スケジュール等の詳細は、私たちのPROJECT K のホームページに掲載されていますので、
ご興味があります方は、【名駅 PROJEC K 】でどうぞ検索をしてみて下さい!