So-net無料ブログ作成

柴崎 岳様♪ [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Youki & Micchanの アナログブログ
2017.1.9(執筆担当:Youki)たぶんVol.289
★★★http://project-kk.info/を是非チェック!★★★
HPでPROJECT Kのお知らせを随時更新中です!!

明けましておめでとうございます。
2017年も、私たちPROJECT K 及び、このアナログブログを宜しくお願い致します。

さて、Youkiにとって2017年の幕開けは、今までで一番良い予感に溢れるものでした!

元日は、大阪の吹田スタジアムで行われた「サッカー天皇杯・決勝戦」を現地でライブ観戦して過ごしたのですが、決勝戦のチケットを入手した時にはまだ対戦カードが分からなかったのに、結果、一番見たかった「鹿島アントラーズ vs. 川崎フロンターレ」になった時点で、すでに良い前兆!
鹿島VS川崎.png

なにせ私は、一番好きな選手は、鹿島アントラーズにいて、でもサッカーチームとしては、川崎フロンターレが好きなので、夢の対決を前に、スタジアムに向かう前から小躍り状態でした(苦笑)

でもスタジアムに着いたら、さらなる“ラッキー”が重なっていて、指定された席が、「コーナーの目の前の、5列目」という、今までで一番の神席!

そして、何が一番ラッキーで大興奮だったかって、この日、目の前のコーナーから、お目当ての選手がキックインをしてくれたこと!
ですから、私史上一番の近距離で、大好きな選手の姿を拝むことが出来たんです!

なお、こちらが私の一番好きな選手、
鹿島の10番を背負う、「柴崎 岳」選手です。
コーナーキック岳さん.JPG


あ~~~~~~
私史上一番近くで見た、生・岳選手、カッコ良かったぁ~~~~!

これだけでもう心の満足度は100%を超えかけたのですが、延長戦までもつれ込む激闘を見られた上に、
2対1で鹿島アントラーズが勝ち、さらには、全3ゴールが私たちの目の前のゴールで生まれるなど、「こんな良いこと尽くしの試合を見ちゃっていいの!?」っと心配になるくらい、本当、元日早々から、良いものを見させて頂きました~~~♪♪♪


ところで、私の好きなこの「柴崎 岳」選手は、最近では、クラブワールドカップの決勝戦で、あのスペインの強豪、レアル・マドリードを相手に2点を奪い取った(一時期は勝ち越しさえもたらしていた!)ことで世界中を驚かせ、一躍 “時の人” になった選手です。

でも、長らく日本代表からは離れていて、同年代(あるいは年下)の選手が次々とヨーロッパの強豪チームへの移籍をしていく中、柴崎選手には、移籍の声が掛かるようで掛からない、もどかしい状況のようにみえました。

日本のプロサッカー選手にとって、ヨーロッパ移籍だけが輝かしい経歴ではないと思いますが、全くのド素人である私が、野次馬な心で単純に考えたら、
「同年代の選手が日本代表になったり、ヨーロッパへ行く中、自分だけが行き切れないような状況だと、柴崎選手の抱える苦悩とか、葛藤とか、悔しさとか、相当なものなんじゃないかなぁ・・・」
・・・なんていう、余計なお世話すぎる心配を、失礼ながらもしてしまっていました。

でも、とあるインタビューで、柴崎選手ご本人は、

「(海外で活躍する同年代の選手に対して)そういった気持ちやライバル心は、ありません。
  ぼくは、“自分は自分”っていう思いが強いので・・・  今いるチームが勝つためのことを、するだけです。」
みたいなことを笑顔で語っていて。
ライバルじゃあ、ない.JPG

そして、この言葉を思い出しながら、クラブワールドカップの決勝戦で見事に2点を決め、世界屈指の強豪チームのレアル・マドリードを一時は黙らせたことで、おそらく海外移籍をしたどの日本人選手よりも世界中を驚かせ、その高い実力と才能を、ここぞという大舞台で爆発させる姿をみたら、彼の言葉と意思は本物だったんだなぁと、なんだか涙が出てきました。
それよりも応援.JPG
自分は自分.JPG

そして、私は時々、「また先を越された!悔しい!」と苦々しく思うことがあるんですが、柴崎選手を見ていたら、そんな自分がちっぽけに思えてきました。

もし今、誰かに何かの先を越されているように見えたとしても、今自分が先を行かなかったからこそ、あとあと、もっと良い方に転がることだってありますよね。

そして、一番大事なことは、「先を越されて悔しい!」っていうネガティブな感情を抱えるよりも、「まだ先に行かないからこそ、自分にやれること/やるべきこと」をすること。

そう、海外移籍をしていく同年代の選手に、ネガティブな感情や嫉妬心は一切抱かず、淡々と自分が今いるチームでするべきことに対して努力を重ねた結果、あとあと、どの日本人選手よりも世界を驚かせた、柴崎岳選手のように!

こういう姿勢を、改めて身をもって私に教えてくれた柴崎選手は、私にとってのスーパースターです!

どこにいっても応援するぞー!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0