So-net無料ブログ作成

マグリットの山高帽…先生、頭焦げた? [子ども英会話]

PROJECT K : Kikko & Youki の アナログブログ
2015.06.29(執筆担当:Youki)たぶんVol.219
★Web上ブログも是非チェック! http://project-kk.blog.so-net.ne.jp/ ★

「・・・頭、焦げたの?」

こちらは、最近わたくしYoukiがノックアウトされた言葉です。

*******************************

PROJECT K のKids英会話クラスには、K君という、今小学校2年生の男の子が通って下さっています。
このK君は、とても人懐っこくて、素直で、時々やんちゃで、時々強がる(笑)、
その年齢特有の可愛らしさで溢れた子です。

最近、その子専用の、「消しゴム付鉛筆」をPROJECT Kは用意しました。
それが、これ。

一体化.jpeg
【ルネ・マグリットの山高帽付、鉛筆】です。
  
これ、山高帽が消しゴムになっているんですよ~♪
そして、鉛筆から自由に取り外しができます。
帽子をとると・・.jpeg
東京まで観に行った「ルネ・マグリット展」の特設ショップで売られていて、「K君専用の、消しゴム付鉛筆にしよう!」と買ったお気に入りです。


うん、ルネ・マグリットといえば、山高帽ですもんね!
様々な作品で、山高帽をかぶった紳士が謎を振りまいてくれます。

山高帽の男性だらけ.png
「山高帽 マグリット」で、検索するとたくさん出てきました!

マグリットらしさを表現した、ナイス商品!

この山高帽付鉛筆を渡した初日、K君は、鉛筆でアルファベットを書くよりも先に、山高帽(消しゴム)を、取っては外しを繰り返して遊びだしました。

そして、山高帽だけを指につまんだK君が、私に言いました。

「Youki先生、この帽子、かぶれる?」

かわいいーー♪
この小ささの、しかも消しゴムの帽子を、本当に人の頭にのせようという発想は、私には無かった!
その発想に、いきなり胸をときめかせるYouki。


「うん、いいよ。じゃあ、かぶらせて。」

さっそく頭のつむじをK君の方に向けてかがみます。

すると・・・帽子を乗せようとしたK君から、冒頭のセリフが・・・

「Youki先生、・・・頭、焦げたの?」

「????」

まったくK君の言っていることがわからないYouki。
頭が焦げてる?私の髪の毛、そんなにチリチリだっけ、今日!?

「なんで?燃やしてないよ。」

「だって、Youki先生の頭、てっぺんだけ髪の毛、黒いもん。燃やしたんでしょ~!」

「!!!!!!!!!!!!!」


そう、確かに私の頭のてっぺんは黒かったんです。
なぜなら、最後に茶色くヘアカラーをした時から時間が立ちすぎて、地毛が出てきてしまっていたから!!
要するに、「プリン状態」だったのです。

その、地毛が出てきちゃって、頭のてっぺんだけ黒い状態を、“焦げた”と表現するなんて!!!!!!!!
きっと、まだK君には「髪の毛を染める」という概念そのものが無いのでしょう。
だから、もう、本当に純粋に、「頭が黒くなってるから・・・焦げちゃったのかな?」、と思ったのでしょうね。
その澄み切ったグニャングニャンの感性たるや!!!!!!!!!!!
・・・なんかもう、うらやましすぎて涙が出そう・・・。

一応私も、「とんでもない妄想が飛び出す、妄想館長」として一部に知られてはいるんですけどね・・・
K君みたいな澄んだ感性は、さすがにもうありませんでした・・・。
妄想、な時点で、“つくりもの感”があるから、そもそも勝負にならないか・・・。
ううう・・・完敗だよ、K君・・・。

ちなみに、先週、ちゃんとカラーし直してきました!
だから、「焦げ、ちゃんと取れたよ♪」って、次のレッスンでK君に言おうっと♪

**********************************

このエピソードをきっかけに、
「子どもの感性を活かしながら、英語でもちゃんとその感性が伝わる楽しさのあるクラスづくり」をしていかないとなぁ・・・と改めて考えた、Youkiです。

これは、お子さんだけには限りませんね。
お子さまからシニアまで、英語で「伝えたいこと」が、パーソナリティーや感性と共に伝わる喜びを実感して頂けるよう、これからも、PROJECT Kでは、皆さまのお手伝いをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1