So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Mi-cchanの卒業 [PROJECT K]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.5.14(執筆担当:Micchan)たぶんVol.370
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

令和が幕開けして、早くも2週間。
令和の幕開け・・・私はというと・・・
平成最後の4月30日から令和初日の5月1日まで、なんだかんだと入れ替わり立ち替わり友人達と会い、おかげ様で孤独とは無縁の時代になりそうな予感!でした。

その中でも5月1日は、しっかり友人と日付が変わる瞬間にカウントダウンをし、朝を迎えていざ伊勢神宮へ!!
内宮はさすがにすごい人だったので参拝もできなかったけれど・・・、でも外宮は満喫しました!
赤福氷も食べて、御朱印ももらい、年越しならぬ時代越しそばをいただき・・・
今回も縁起かつぎまくり!な1日でした★

02.jpg
01.jpg
03.jpg

そう、そして、先週、Yuukiさんがご報告してくれたように、連休最終日はとても温かい送別会を催していただき、いよいよもって、私は今週、PROJECTKを卒業します!!


最後は卒業論文的に、私がブログを書きます!とKikkoさんに宣言したところ、「あんまり上手く書かないでね、その後がプレッシャーだから」という、ややこしいミッションをいただきました 笑

この決断をしてから、そのご報告をKikkoさんYuukiさんはもちろん、関係各所にしたときに、みんな「よかったね!おめでとう!」と本当に快く言っていただきました。
業務の引継ぎ等、迷惑なこともたくさんあるのに、みんなおくびにも出さず、ひたすら前向きに捉えていただいたこと、感謝してもしきれません。

そして、また別にありがたいなぁ感じることは、Yuukiさんがブログにも書いてくれたように、大人になっても夢に向かうことができるチャンスに恵まれたことです。

私は実は今年○○歳という節目の年なのですが、その年齢で何かに挑戦したり、夢に向かって行動する人って、どこか他人事というか、一部の人のことなのだ、と思っていたりもしました。
でも毎日子どもたちと接する中で、子どものように夢に向かっていくエネルギーを私自身が子どもからもらい、蓄えていたのかもしれません。

ちょっと、いや、だいぶドキドキするし、不安もあるし、でも何かに向かっていく時ってこういう感覚だったよなぁ、なんて、久しぶりなこの感覚も楽しく味わっています。

これからもっともっとつらいことも大変なこともあると思いますが、そんな時には、必ずこのブログに立ち返り、どんな気持ちで歩み始めたのか思い出そうと思います。
(それまでブログはよろしくね、KikkoさんとYuukiさん!)
そして何より、皆さんへの感謝の気持ちを日々心にとめて暮らしていきます。

これからは一読者としてこのブログを楽しもう、なーんてゆったり思っていたら、Kikkoさんに「特別ゲストでたまには書くのもいいんじゃない?!」と言ってもらえたので、そんな日が来ることも楽しみに・・・ネタをためておかなくちゃ!
これまで、拙い文章を読んでいただいて本当にありがとうございました。
私もPROJECTKと皆様のご多幸をお祈りしております!では、またどこかで!


05.jpg
たくさんご馳走を用意してもらい、盛大に送ってもらいました♪
04.jpg
Kikko先生にもらった花束をしばらくお部屋でとてもきれいに咲いていましたよ!

nice!(0)  コメント(0) 

Mi-cchanが卒業します [PROJECT K]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.5.7(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.368
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

Happy New Era!
来ちゃいましたね、令和時代。
令和になった途端に平成が恋しくなったりもしつつ、今回の改号は日本全体がハッピーな雰囲気で心地よかったりもして、とてもメモリアルなゴールデンウィークでした ^^

さて、そんな令和の幕開けに、ひとつ重大なご報告が・・・

平成27年度から私たちPROJECT Kを明るく支えてくれたMi-cchanが、この5月で PROJECT Kを卒業することになりました。

Mi-cchanになんとなく聞いた卒業後の“進路”によりますと、より高みに登って夢を掴むための「卒業」なように感じたので、素直に「おめでとう!今までありがとう!!」という気分です。

だって、大人になってから夢が掴めるって、すごくないですか!?

なんというか、大人になった今夢を掴んだミっちゃんは、私にとって「希望」です。

保育園の子どもたちをみていると、毎日前進しかしていなくて、「良いなぁ子どもって。羨ましいなぁ。」って思ったりしていたのですが、Mi-cchanはただ羨ましがるだけではなく、「前向きに夢を掴むエンジンが、大人になってもあるんだぞ!」ということを自らで示してくれたような気がします。

そしてゴールデンウィーク中には、これはもう盛大にMi-cchanを送り出さないと!!ということで、これからも保育園を支えてくれるメンバーほぼ全員と、「Mi-cchanありがとうパーティー」もしました。

送別会190506.jpg

改めて、ほんとMi-cchanってみんなから愛されているよねぇ(T T)
そして、今一緒に働いてくれている方たちも、なんて良い人揃いなんだろう!
こんな素敵な環境でバトンを受け渡してもらえる私もまた、恵まれているよね。

Mi-cchanから受け取ったバトンに泥を塗らぬよう、Mi-cchanが作り上げたチーム感とはまた違う、「チームYuuki」の色が出せていけるよう、誠実に頑張ります!

でもって、子どもたちと触れ合うこれからの毎日で、フェードアウトしかけている夢に再度挑めるパワーを私も得たいな♪

nice!(0)  コメント(0) 

ノートルダム大聖堂 [Youkiのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.16(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.367
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

【ノートルダム大聖堂で大火災 尖塔と屋根が崩落】
今朝飛びこんだ、耳と目を疑うようなニューステロップ
01.jpg

「えっ!?ノートルダム大聖堂って、あのパリのノートルダム大聖堂??」と、フランス・パリから遠く遠く離れた名古屋に住むYuukiでもニュースを聞いた瞬間に頭が真っ白になり、激しい喪失感と絶望感に襲われました。

だから、フランスで生まれ育った人にとってみたら、この崩落がどれだけ心をえぐられるショッキングな出来事であるか・・・もう、頭では考えられる範囲のレベルでは無さそう・・・

その例えようのない喪失感を、フランス大統領のマクロン氏は、
「私たちの一部が焼かれているのを見て、悲しい」と表現しています。

「私たちの一部」

深い言葉です。そして、確かにそうですよね。

だって、パリのノートルダム大聖堂といえば、エッフェル塔よりも凱旋門よりも歴史のある、フランス・パリが培ってきた文化や歴史の“生き証人”であり、パリジャンの“誇りの象徴”みたいなものだと思うんです。

日本でいえば、「奈良・法隆寺の五重塔が崩落」とか、「清水寺の舞台が崩落」っていうレベルですよね、きっと。
そう考えると...

日本も長い歴史があり、1000年以上前の建物がある国だからこそ、私の心はこのニュースに絶望した(悪い言い方をあえてすれば、絶望出来た)のかもしれません。

他の国出身の人たちは、このニュースを聞いてどう感じたのかなぁ??
そのコメントの違いには、お国柄や歴史的背景の違いが出てきそうな気もするので、機会があれば、さまざまな国出身の知人友人に是非聞いてみたいと思ったニュースでした。

皆さんは、ノートルダム大聖堂の大火災、どう感じられますか??


nice!(0)  コメント(0) 

セレブKikkoになったわけ [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.9(執筆担当:Kikko)たぶんVol.366
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

おはようございます。
新しい元号が決まってから、ほぼ一週間経とうとしています。
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
Kikko個人的な一番のニュース
「Kikko、自転車で転倒し額をつよく打つも、奇跡的に血を流すことなく骨折もせず平常通りの生活が送れている!!!」

これぞ、まさしく、不幸中の幸いなり。

一瞬のことだったので自分がどういう体勢で転んだかは全く分からないのですが、翌日病院に行く前に、お墓参りに行ってご先祖さまにお礼を言ったほど運がよかったのです。

自転車のハンドルにかけていたトートバッグが車輪とフレームの間に挟まれ、急ブレーキがかかり前方に自転車は半回転したんです。

ああああ 立てな~い。
なんか、おでこがふくらんできたあ~
きっと顔が傷だらけになってるんだあ~
さすがのKikkoも今回ばかりはダメだわ~~
救急車に運ばれるかも…

・・・でも、待てよ。なんか立てそう。
恐る恐る立ってみたら意外と足とか手は大丈夫。
怖いけれども鏡で顔を見てみよう。
あっ、ダメだ。化粧ポーチが入っているトートバッグは挟まったまま全然抜けない。
自転車の前輪が動かない。でも、ひっぱってなら後輪で動きそうだ。

という具合にずるずると家まで自転車を引っ張って帰ると、そこには作業中のHideoさんがいました。
自宅の近くの転倒だったこともラッキーでした。

あれあれ??
私の顔をみても、びっくりしてないじゃん。

事務所の鏡の前の立ち、自分の顔を覗き込んで見てみると顔がぐちゃぐちゃにはなっていなーい!!
血も流れていなーい!!
目もちゃんと見えている!!

我が夫、Hideoは心配したり怒ったりすることも一切なく、「Kikkoさんなら、さもありなん」って感じで冷静に自転車からトートバッグを外してくれていました。

みるみるうちに瞼が腫れてきましたが、そのことを私に伝えることもなく、「今から、保育園に行って新しいスタッフの面接に行ってくるから」と言っても止めるわけでもなく「気を付けてね」と声もかけてくれるわけでもなく、「うん」って返事をするいつものHideoでした。

何事もなかったように接してくれたことが、かえって私に安心感を与えてくれて嬉しかったです[黒ハート]


ただ、左目は醜いパンダになっているのでサングラスをして外出しています。
セレブっぽくないですか?

02.jpg

先週、穏やかな時代になりますようにって言っていたばかりなのに・・・ね。
皆さまもどうかお気を付け下さいませ。

nice!(0)  コメント(0) 

新元号は令和です [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.4.2(執筆担当:Kikko)たぶんVol.365
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

新しい元号が決まって二日目の朝を迎えています。
昨日は日本中の多くの人たちが新しい元号が決まる瞬間をかたずを呑んで待っていたのではないのでしょうか?
私もそんな気持ちで発表を待っていた一人だったのですが、なんと、うかつにも歯医者の予約を11時30分にしてしまっていたのです(苦笑)

それでもなんとかリアルタイムで新元号が発表される歴史的瞬間を見たい!!!
(繰り返しニュースで使われていた「歴史的瞬間」は大袈裟だと思っていましたが私も使っちゃいました。)

と遅刻覚悟で近くの駐車場に車を停めラジオと携帯のネットニュースに釘付け状態で待つこと5分。
さらに5分。
いっこうに菅官房長官は壇上に現れず、さすがそれ以上の遅刻は許されないリアルタイムで知ることを断念し致し方なく歯医者へと向かいました。
no.jpg

結局、帰りに立ち寄ったこと実のり保育園で「令和」と知りちょっとほっとしました。

個人的には「泰」や「永」は使ってほしくはないなと思っていたからです。
「れいわ」という音の響きがよく「令夫人」「令嬢」という漢字のイメージからも品の良さが感じられ
私は気に入っています。

万葉集に出てくる「令月」の意味は「よい月」という意味らしいですね。

それにしても、昨日は新年度の、そして1週間の仕事の始まりでもある4月1日月曜日で、晴れ渡った青空も広がり、新しいことがスタートするに日にふさわしい日でしたね。

最近って国内外問わず、何か新しいことが決まったり、誰かが新たに重要なポストに就いたりするとすぐに「成り行き不安から日経平均株価かどうの」とか「期待感からニューヨークダウがどうの」とか連動して経済が揺れ動きだし、不安な思いにかられることが多いような気がします

でも昨日は日本中の多くの人たちが純粋な気持ちで新しい元号を自分たちの物として受け取ったのではないでしょうか?

昭和・平成という二つの元号をまたぎ令和という新しい時代をこれから何年か生きていくって思うと、
日頃、自分の年を実感することってなかなかないのですが、私って結構長く生きてきたな~。

私たちの年代は「戦争を知らない子どもたち」として育ってきたので、二度と繰り返してはならない戦争があったのは昭和だったのですが、かなり平和に生きてきました。
平成は戦争こそなかったものの大きな地震が3つもあり、最近では自然災害による被害が年々大きくなっているようで心配です。
とにかく「令和」においては穏やかで健やかな時が刻まれ続くことを望むばかりです。

すこし、話は変わり、20世紀もあと1・2年で終わろうかという時に、Youkiをアメリカの高校に送り出そうと決めたと思います。

「Youkiはこれから21世紀を生きて行く人。私は20世紀を生きてきた人。そんな私がそばにいてとやかく言っていては彼女の個性や発想を私がダメにする」と思い、単独での高校留学を決めさせました。

彼女の個性や発想が花開いているか?開いていくか?は別にして、今ではすっかり頼れるコ・ワーカー(CO・WORKER)に成長しています。

そんな「昭和」生まれ「平成」育ちのYoukiさんが、彼女の娘“ちびっこMちゃん”や“名西塾生”そして“令和生まれのこと実のり保育園の園児たち”にどんな言葉をキーワードにして新しい時代にマッチした子育てをしていくのでしょうか?
そしてどんなレッスンを繰り広げていくのでしょうか?

楽しみでーす♪

01.jpg
Kikkoもほしかったな~号外
でも危険極まりない状態だったみたいだね

nice!(0)  コメント(0) 

大野くんの夏休み [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.1.29(執筆担当:Kikko)たぶんVol.364
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

先週末から今週にかけて猛威が一向に収まらないインフルエンザ受験生とほぼ毎日顔を合わせている Kikkoも念のため検査を受けました。
陰性の結果を聞きほっと一安心!

そんな中、グランドスラム連覇の偉業を成し遂げた大坂なおみ選手

そして、「嵐」の活動休止(無期限の?)
 
・・・と、悲喜こもごものニュースがまさに嵐のようにメデイアを駆け抜けていきました。
ただ「嵐」の勢いは急には弱まりそうもなくあちらこちらで吹き続けていくでしょうね。
04.jpg
06.jpg

とくに「嵐」のファンと言うわけでもないのですが、なぜか、大野智君は気になる存在ではありました。

「自分の時間をとくに大切にしている子だな~」っということはNHK「伊藤若冲」のナビゲータをしていた時に送った何気ない目線に感性の鋭さを感じて思いました。

自分の自由な時間を持てないって辛いことですよね。
05.jpg
実は私も色々なことが嫌になり、15年前にほとんどすべての教材を処分し、今のマンションに活動の場を移しました。いろいろなことを自由にやってみたくなって。

でもでも、また、新しい教材を買い足しながら、塾の先生をマイペースで楽しんでいます。

「きっこ先生!!」って呼ばれながら。

「普通のおばさんになりたい!」って引退したけれども何年か後に復活した演歌歌手の気持ちがよーく理解できました。

だから、「嵐」も気分のいい時にステージやテレビに出てくれたらいいよ。
決して、引退とか解散とか明言しないで・・・   そっちの方が格好いいから!

<補足コメント from Yuuki>
どうしたって「普通のおばさん」にはなれないでしょうねぇ、Kikkoは。
存在そのものが“普通”じゃないし、“おばさん”という空気感からはほど遠いですから(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

Kikkoの好きなラナンキュラス [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.1.22(執筆担当:Kikko)たぶんVol.363
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

ピンクの花はラックスとの交配で生まれた「ラナンキュラス・ラックス」という新種で光沢があり光が当たると輝いて見えるんですよ。
01.jpg

チューリップは意外と自己主張が強く一緒に飾る花を選ぶのが難しく一輪だけにして、居心地のよさそうなポーズで飾ってあげました。
03.jpg                


02.jpg
「禁煙」タイルの効果いまだになくHideoさんは意志強く喫煙を続けております(笑)

皆さんはどんな花がお好きですか?
私、Kikkoの一番のお気に入りの花はなんといってもラナンキュラスです。
Youkiが中学生のころからお世話になっている「風遊花さん」にこの時期に顔を出すとご主人が
「川瀬さん!ラナンキュラス、可愛いのが揃っていますよ。見てみます?」と、とても嬉しそうに声をかけて下さいます。

Kikkoはこの1・2週間なかなか風邪がすっきり治らず、「こりゃ~、なんとかせねば!!!」と気合を入れ、昨日は思いっきり贅沢をしてたくさんのラナンキュラスを買い込み、時間をかけて飾ってみました。
おかげで気の流れもとっても良くなったようで、すっかり元気になりました♪
皆さんも一足早い春を感じ下されば幸いです。

nice!(0)  コメント(0) 

家族写真 [Kikkoのこだわり]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.1.15(執筆担当:Kikko)たぶんVol.362
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★


今年用のKikko & Yuukiの年賀状は、とてもメモリアルなものでした。

というのも、私たち家族3人(Hideo& Kikko & Yuuki)の写真を長年撮ってもらっていた“森 一生さん”という写真家の方に、とても久しぶりに、ちびっこMを交えた「女三代写真」で撮影をして頂いた写真で出すことが出来たからです!

加工済みの3代写真.jpg

いかがですか?
なかなか広くはお見せしない、“Grand mother顔”のKikkoです(笑)
それはもう見事な“Grand motherバカ年賀状”と称し、気合も十分に書きまくりました。

すると、ここ最近の年賀状とは違うテイストだったためか、友人・知人から随分とお誉めの言葉も頂きました。

そんな友人の一人から
「愛情溢れた美しく優しい写真で見惚れてしまいました。」との嬉しいメールが届いたので、「Yuukiの小さい時から家族写真を長年撮って頂いていたカメラマンにお願いしたので、絶妙なタイミングでのシャッターチャンスだったと思います」と返信をしたら、「やっぱり!! カメラマンの愛が溢れていますね」と送られてきました。

そうか、友人に言われ初めて気付きました!
この写真の幸福感は、写真家である“森さんの愛”が隠し味だったことを。

森さんとの印象深い思い出といえば、写真スタジオで開かれたクリスマス・パーテイーに親子3人で招かれた際、まだ10歳になるかならないかくらいだったYuukiが「私は、あそこにいるHideoとKikkoの愛の結晶です!
・・・と自己紹介をしたことがあり、そのことを今でも森さんはよく覚えていてくれます。
そのYuukiが今、目の前で、彼女自身の愛の結晶を抱いている。

嬉しそうにシャッターをパシャ! パシャ! と切っていた森さんの“Yuukiが母になった喜び”、それが受け取った人には伝わっていたんですね!

「やっぱり!!カメラマンの愛が溢れていますね。」と送ってくれたこの友人は日本画家で、心をいつも豊かにさせてくれる作風と色使いで精力的に制作に取り組んでいます。
そんな彼女だからこそ、カードから伝わった隠し味を感じ取ってくれたのでしょう。

今ある家族の表情や雰囲気や佇まいは自分たちだけで作れるものではなく、色々な人たちに可愛がってもらったり、影響を与えられたり与えたりしながら何世代にもわたって、築き上げられてきたものだなと改めて思いました。

Kikko、Yuuki、ちびっこMの「愛おしさ」と「喜び」と「信頼感」が伝わる素晴らしい写真を撮って下さった森さんに、本当に感謝です。
これからもずっと森さんにこんな写真が撮っていただけるよう、
女三代(時々四代!?)一緒に、忙しくとも心が豊かであり続けたいと思っております。

◆おまけ◆

森さんにかつて撮ってもらった、Hideo& Kikko& Yuukiの家族写真はこんな感じです!
Kikko、わかーい!
Yuuki、やっぱりちっびこMに似ているかも?!
Hideo、こんな髪型だったね、そういえば(笑)
秀雄&キッコ&ゆうき.JPG

キッコ&ゆうき.JPG

私たち家族の「個性」や「愛おしさ」「喜び」と「信頼感」を感じ取って頂けますか?

森さんに撮って頂きたいという方は、名古屋市西区の明道町にあるスタジオ、
「Pashanova(パシャノバ)」で検索してみて下さい!
(それにしても、なんてセンスのあるスタジオ名! だってカメラで“パシャッの場”ですよ!)

nice!(0)  コメント(0) 

新年明けましておめでとうございます。 [イベント]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2019.1.8(執筆担当:Micchan)たぶんVol.361
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

新年明けましておめでとうございます。
今年も、PROJECT Kとともに、不定期更新になるであろう(笑)このブログをよろしくお願いいたします。
平成最後、という言葉が耳に残る年末年始でございました。
昭和の最後を経験している私的には、昭和の最後はこんな風に「いついつが最後」と分からなかったし、突然元号は変わるものだと認識していたので、なんだか不思議な感覚です。

が、まぁ、平成最後、ってことで、いやそうでなくても、いつも見に行くんですけど、
01.jpg

初日の出~!!!

今年はとっても綺麗に見えました!

そして今年も初詣で引きました、おみくじ~!!
やったぞ、大吉!
02.jpg

今年は、去年の経験を活かし、初詣に出かけるのに、朝の5時30分に家を出発しました。
そうしたところ、全てが順調!参拝の待ち時間もほぼなし!

ということで、まさに早起きは三文の得とかそうでないとか・・・。
さて今年はどんな年になることやら。

私が目標?というか、今年大切にしたいなと思うこと。

むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことはあくまでゆかいに

ご存知の方も多いでしょうが、井上ひさしさんの名言です。

うん、今年はこれで行こうと思います。
まじめなことをゆかいに、ってところがいいなと思っています。

平成の最後の年に、私も節目の年の年齢になります。
変わる気もするし、変わらない気もする。
でもきっとすべてのことがよりよく収まっていきますように・・・


nice!(0)  コメント(0) 

2018絨毯展 [イベント]

PROJECT K : Kikko & Yuuki & Micchanの アナログブログ
2018.12.25(執筆担当:Yuuki)たぶんVol.360
★公式HPにてお知らせも随時掲載中! www.project-kk.info を是非チェック!★

皆様、Happy Merry Christmas!
今年は比較的暖冬かと思いきや、ここ数日でキリッとした寒さになってきましたね。
やはり年末年始はこれくらいの寒さが個人的には好きです。特にクリスマスには!

近年の私Yuuki 及び PROJECT Kにとってクリスマスシーズンといえば、クリスマスの一週間前まで【モハンさんの絨毯展】があります(ありました)。
★IMG_6958.JPG
★IMG_6994.JPG

今年は4年目(4回目)だったのですが、前々年から購入を検討されていた方がようやくお気に入りの一枚を見つける瞬間に立ち会えるなど、本当に少しずつではありますが、“絨毯展の芽”も育ちつつある実感を得られました^^
足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました!

また、このブログの愛読者さまであれば、私Yuukiの「室内デコレーション好き」もお馴染み?と勝手に思ったりしているのですが、絨毯展が終わったら、大急ぎでクリスマスの室内デコレーションをする流れが定番に。

ということで、今年のクリスマス室内デコレーションは、こんな感じに仕上がりました~♪
★IMG_7012.JPG
★IMG_7011.JPG

私の心の友たちも、ばっちりクリスマス!
★IMG_7014.JPG

中でもご注目は、今年から新しく仲間に加わった、ロボット君!

このロボット君は、私にとってこのぬいぐるみ達が心の友であるように、ちびっ子Mにとってこのロボット君が一生の心の友になるように…という思いを込めて、Mi-cchanがプレゼントしてくれたんです。

なんでも、一点一点が手作りのロボットだそう!
だからですかねぇ。
本当に心が込められているといいますか、魂が宿っているといいますか。

★IMG_7039.JPG

どう見たって、生きていると思いませんか??
間違いなく、ちびっ子Mを見守っています、ロボ君。

ロボ君、これからも一緒にちびっ子Mを見守ろうね。
そして、ちびっ子Mといろんな世界に飛び出してね。

フランスでは、こういう「心の友」的なぬいぐるみをDouDou(ドゥードゥー)というそうなのですが、DouDou(ドゥードゥー)がいることですくわれる心ってあるよねぇ・・・と、しみじみ思うので、
このロボ君の登場が本当に嬉しくて^^

Mi-cchanは、やっぱりプレゼント選びのエキスパートだなぁ!


**********************************

今年も私たちPROJECT K と関わって下さり、誠にありがとうございました。

来年も、「変わらない良さ」と「変わったからこその良さ」を織り交ぜながら、自分たちが選んだ道に誇りと信念も持って進化できたらと思いますので、今後とも何卒ご愛顧を宜しくお願い致します。

それでは皆様、どうぞ良い年をお迎えくださいませ。

PROJECT K スタッフ一同

**********************************

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -